やり方次第

貧富の差が広がっている今、金余りから色々な物の値段が上がっています。

 

収益物件も値段が上がり利回りが下がっています。

 

この状況だと、物件を買ってキャッシュフローを得ていくのはかなり難しいでしょう。

 

このようなときには、流動性のある地域で資産性を重視して個人で収益物件を買い長期

保有キャピタルゲインを得る方が楽でしょう。

返済比率

売り時だと思い2年で3棟売却をしたところ返済比率が60%を超えてしまった。

 

返済比率を少し下げるため新築RCに手を出すことにしました。

 

現在、市場では高利回り物件は皆無ですので繋ぎで長期返済の物件を自分で作らなけれ

ばならいと思っています。

本を読むなら

不動産投資をするのであれば、セミナーに参加したりや不動産投資家の方が書いた本を

読むのもモチベーションを上げるには良いことだと思います。

しかし、規模にもよりますが民法上事業者扱いになることが多く事業者扱いになってし

まうと消費者保護法によって保護されなくなってしまいます。

 

我流で投資をすると危険なこともありますので宅地建物取引士の免許を取らないまでも

宅地建物取引士になるための本を読んで民法と契約について学んでいた方が良いと思い

ます。

 良い方法を見つけたと思っても意外と後で後悔することが多いです。

 

失敗談は、後ほど書かせていただきたいと思います。

新築マンションを購入したい

住居用の、新築分譲マンションを購入したいと思っています。

 

札幌市内のマンションは、価格上昇中なので迷うところではありますが購入に向けて進

んでいきたいと思っています。